ホーム


屈斜路カルデラ
 

屈斜路湖を中心とする屈斜路カルデラは、長径約26キロ、短径20キロの世界有数の巨大カルデラ地形です。
カルデラとは火山性の地形のことで、ポルトガル語でナベを意味します。
この巨大なナベ型地形の中には、湖・川・森・火山・温泉と変化に富んだ自然がぎっしりとつまっています。

屈斜路湖は周囲57キロ、最大水深117メートル、。
太古から続く火山活動の影響で、和琴半島をはじめ湖畔のあちこちからから温泉が湧き出しています。
冬、湖は氷に閉ざされますが、温泉で氷が張らない一部の湖面はオオハクチョウなどの渡り鳥が越冬地になっています。

また、屈斜路湖は釧路川の源です。
屈斜路湖から約7キロ下流の「びるわの瀬」上流付近までは、河畔林と小さな湿原に囲まれ、激しく蛇行が続く自然河川が残されています。
春から夏、ウグイの大群、サクラマスなどが産卵のために遡上してきす。


東側のカルデラ壁には、同じく火山活動で創られた摩周湖があります。
周囲約20キロ、最大水深211メートル。
流れ込む川も流れ出る川も無く、雨水と雪解け水、地下水で水位が保たれています。
透明度が世界一を記録したこともあり、環境保全のため湖岸への立ち入りが厳しく制限されています。
 

 屈斜路カルデラの自然情報は
Copyright (C)2016 river&field All Right Reserved